ブログblog

群馬県で「eスポーツ」の全国大会開催

  • カテゴリ別

    月別アーカイブ

    • みなさまの悩み2021.06.23

      対戦型ゲームで勝敗を競う「eスポーツ」で、群馬県は11月に、19歳以下を対象にした全国大会「第1回 U19eスポーツ選手権」を開催します。19歳以下が対象のeスポーツの全国大会は国内初となるそうです。

      競技種目は、5人一組で対戦する人気パソコンゲーム「リーグ・オブ・レジェント」。11月7、8の両日にオンラインで予選を行い、決勝は11月22日に高崎市のGメッセ群馬で開かれます。決勝、準決勝、3位決定戦はオンラインで配信する予定になっているそうです。

      参加者は13~19歳の5、6人でチームを作り、学校の枠に超えてチームを作ることができ、全国から参加可能となっています。今月23日から参加を受け付け、応募締め切りは10月23日ですが、128チームが上限とのこと。詳しくは専用ホームページ https://www.u19esports.jp/ でご確認ください。

      ゲーム 依存

      eスポーツという種目を耳にするようになったのもまだ最近のことですが、YouTuberと共に私たち親世代が子どものころにはなかったものではないでしょうか。

      子どもたちがeスポーツに興味をもってしまうことから、依存状態を心配する声もきっとありますよね。対応が分かれるところかと思いますが、YouTuberという職業にしても、eスポーツという競技にしても、確立されたものである以上、子どもたちが興味をもった場合に頭ごなしに否定したりしてしまうのはよくないかもしれません。大人はどうしても抵抗を感じてしまう部分がありますが、子どもはそれが当たり前の環境で育っているので、YouTubeを仕事にしていたり、ゲームをやって大会に出ることを常識と思っているということを忘れずにお子さんと接して頂ければと思います。

       

       



ページ上部へ